​平田貴之

TAKAYUKI HIRATA

第6回公演「YELL!」でTEAM6g初参加。当時は爽やかな青年気取りで吞みの場にも全く顔を出さなかったがそれ以降のTEAM6g作品にはほぼ全作品に出演。重要な役どころを任され続けている。現在では吞みの場で彼の顔を見ない日はない。

  • Twitter
  • Instagram

Profile

BIRTHDAY:1981年10月10日 

BLLOD TYPE:B

【STAGE】

2013年 TEAM6g「YELL!」初参加。

以降、現在に至るまで11作品に出演

【TV】

2020年    「仮面ライダーゼロワン」

​      「破天荒フェニックス」

【MV】

2008年 「ひゃくはち」

【CM】

2017年 トヨタ自動車「安全安心心機能」

2019年 三菱UFJ信託銀行『心を託す物語♯05「年金」』

財務省個人向け国債WEBムービー「父と子」編

パナソニック顔認証システム「パパ、嫌い」編

Introduction

毎公演、稽古場に彼が立つとなぜか緊張感が緩み初参加の役者さん達の心を和ませ続けていることから「稽古場の雰囲気作り係」に任命される。

さて、彼がなぜ初参加の役者さん達の心を和ませ続けることができるのか?もちろんそれは彼の見た目や表面的な優しさからくるものではない。TEAM6g内では阿南、吉成に次ぐ古株でありながらまるで新人さんのように「ノープラン・ノープライド」で堂々と稽古場に立ち続けることで「こんなに無防備でもいいんだ!」と初参加の方々にとてつもない安心感を与え続けているからではないかと推測される。

もういいおっさんだが心はいつまでも少年。「自分が大好き!」を包み隠さずこんなにも素直にさらけ出せる大人を私は他に知らない。他人の話には全く興味を示さずすぐに自分中心の話へとすり替えることを特技とするも残念ながらその先にオチはない。

「え?オチってなきゃダメなの?」と

「俺はね、俺はね~」が口癖。

初対面の女性に「あなたって、永遠のピーターパンね」と秒殺で見破られたエピソードを自慢気にメンバーに語る彼を見ているとどうかこのままその素直さを失わずTEAM6gの「ピーターパン」としてたくさんのお客様に愛され続けて欲しいと願わずにいられない。

logo_%20Kara%EF%BE%8C%E3%83%BBColor_edit
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 TEAM6g. All Rights Reserved.