2020年、TEAM6g結成12年目にして初めて新しいメンバーを迎えることとなりました。

平田貴之・笑福亭べ瓶・秋定里穂・松田航輝の4名です。これまでずっとTEAM6gを愛し

一緒に戦ってきてくれた4人です。

そんな4人から皆様へのメッセージです。

2012年の初演「YELL!」から参加させて頂き、気付けば2020年までに11作品に出演させてもらいました。本当にあっという間です。初参加時と比べて今ではだいぶ雑な扱いをされていますが・・・。劇団員として、皆さんの心に響く作品を届けられるように努めさせていただきます!

改めて宜しくお願いします。

平田貴之

 

「お芝居、やってみませんか?」と言われたのが2012年。

とにかく稽古が長い事に辟易し(今もですが)この1回で終わりにしようと思いながら迎えた本番。初めてお客様の前で芝居をし、最後にダブルコールが来た時にビックリするぐらい感激して鼻水垂らしながら楽屋で号泣したのを昨日の事のように覚えていす。

それから8年が経ちました。

落語という個人競技では得られないものを演劇という団体競技は与えてくれるんです。

メンバーになった以上、これからは落語とお芝居の両輪で走っていく覚悟でやっていきます。

これからもよろしくお願いします!                                                                        

​笑福亭べ瓶

ご縁、て何でしょう?

「縁結び」なんて言葉があるように、何かと何かを結ぶ糸のようなものなんでしょうか。

その縁が繫がった瞬間はわからなくても、例えば、思わぬところからチャンスが巡ってきたり、大事な人と出会ったり…

何か結果が起きて初めて「ああ、これは縁があったんだ」と意識をする。

僕とTEAM6gとの出会いもそうでした。

僕が出演していた舞台をたまたま観に来ていた阿南さん吉成さんが、たまたま合いそうな役があるからと声をかけてきてくれたのが始まり。

その間には色んな必然と偶然があって、何かが欠けたらきっと繋がっていなかったんだろうなと思うんです。

そんなことが沢山積み重なって今、メンバーとしてここにいます。不思議ですね。まさかこうなるなんて思いもしませんでした。

このご縁を、TEAM6gを楽しみにしてくれているあなたとのご縁を大事にそして、まだ見ぬあなたとのご縁をもっと繋いでいけるようにこれからも精一杯頑張ります。

僕たちと皆様が、より多くの良縁でむすばれますように。願いを込めて。

​松田航輝

10年程前、友人が出演していたTEAM6gの舞台を観に行ったのがきっかけで、すっかり心奪われてしまい次回作のキャスト募集があることを聞きつけてオーディションを受け「YELL!」という作品に参加したのが最初でした。

 

もう全然慣れることがなくて、いまも本番迎えるまで怖くてたまりませんが、お客様の反応が返ってくるとすべて吹き飛ぶ瞬間があって、さらに最高のものを、もっともっとという欲が湧き上がってくるのがTEAM6gの公演です。

家族だけでなく血のつながりを超えた人の想いや愛のあり方をいろんなかたちで描いていて、その温かさや情熱にいつも心動かされてきたので、TEAM6gの熱い想いを届けられるようがんばりたいと思います。

また、安心して劇場へお越しいただけるようになりましたら、お会いできるのを楽しみにしています。                                                         

​秋定里穂

​どうぞこれからもTEAM6gを末永く

よろしくお願い致します!!!​

logo_%20Kara%EF%BE%8C%E3%83%BBColor_edit
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 TEAM6g. All Rights Reserved.